パコジェットの洗浄方法

パコジェット の洗浄方法

パコジェットを安全に長く使用していただく為に、使用後は素早く洗浄し、アルコール消毒を行って下さい。パコジェット は、各部を分解しないで洗浄ができる様に設計されていますので大部分清掃は自動的に行われますが、汚れがひどい時には、お手持ちのブラシなどを使って丁寧に洗浄して下さい。
特に動物性脂肪やタンパク質を含む食材(魚や肉や牛乳)などをパコタイズした時は、特に慎重に洗浄・除菌を行って下さい。

※パコタイズとはパコジェット を用いて、冷凍された食材を解凍する事なくピューレ、ムース状にすることを言います。パコタイズされたものは0,01mm以下の大きさに粉砕されるので3回裏ごしした以上の滑らかさになります。

パコジェット各部位の洗浄方法

パコジェット を長持ちさせるために使用後はすぐに洗浄・清掃をするようにしてください。

・ビーカー

ビーカーは洗剤をつけたスポンジなどでしっかりと洗浄し、水でしっかりとすすいでください。

・ゴールドブレードとスプレーガードの洗浄の方法

ゴールドブレードとスプレーガードは1回のパコタイズ終了するごとに毎回取り外して洗浄してください。

①大体の汚れを落としてください。
②除菌洗浄剤の希釈液につけて洗浄・除菌してください。
③綺麗な流水で十分すすぎ洗いしてください。
④ゴールドブレードは洗浄後、しっかりと水気をきり乾燥させてください。水気がついたまま放置すると錆びる可能性があります。

・パコジェット本体の食材接触部分の洗浄

パコタイズ終了後及び、パコタイズ後から次のパコタイズまでの間隔が開く時はパコジェット のホルダー取り付け部分の
内側のスピンドル(回転する軸部分)と自動洗浄してください。
洗浄効果を高めるためには、必ず洗浄と2回のリンス(洗浄前後で1回づつ)行ってください。洗浄操作も約60秒
で行えます。

・排気ホースの洗浄

排気ホース内部の洗浄方法は、リンス操作及び洗浄操作実行中にエアー抜きボタンを数回押してください。水がホースなを通過して洗浄し、圧力逃しくちより出てきます。

パコジェット 本体は及びケースは濡らした布などで中性洗剤で綺麗に拭いてください。

洗浄の手順リンス操作(予備洗浄)

①リンスアタッチメント(緑色)に、ゴールドブレードを挿入してください。
②ゴールドブレードをつけたアタッチメントをパコジェト本体に取り付けてください。
③ホルダーにからのビーカーを入れてください。
④ビーカーに上の縁から10mmの高さまで40度程度の温水を入れてください。
⑤ホルダーを時計方向に回しながらパコジェット に取り付けてください。
⑥コンセントに電源を差し込み電源スイッチを入れてください。
⑦スタートボタン「START」を押してください。
⑧リンス操作が終わったら、エアー抜きボタンを押してください。
この際、上記逃し口より圧力と同時に水が少量飛び出しますので、適当なビーカーで受けてください。
⑨パコジェット 本体からホルダーを外して温水を捨ててください。

洗浄操作(除菌洗浄剤使用)

①ホルダーにからのビーカーを入れてください。
②ビーカー内にブラシを上に向けてプラスチックウォッシャー(青色)を入れ、
ビーカー縁にラバーシール(青色)をはめてください。
③プラスチックウォッッシャーのブラシの下まで(約0.9L)約40度程度の温水を入れてください。
④ビーカー内に付属の除菌洗浄剤を計量スプーンで入れてください。入れる量は、除菌洗浄剤の指定の量を守ってください。
⑤ホルダーを時計方向に回しながらパコジェット に取り付けてください。
⑥スタートボタン「START」を押してください。
⑦洗浄操作が終わったら、エアー抜きボタンを押してください。
この際に、上記逃し口より圧力と同時に水が少量飛び出しますので、ボウルなどで受けてください。
⑧電源スイッチを切り、電源を抜いてください。
⑨パコジェット 本体からホルダーを外してラバーシール、プラスチックウォッシャーを取り出し、ビーカー内の洗浄水を捨ててください。

リンス操作

除菌洗浄剤を使用した洗浄がおわっtら、再度リンス操作を主なってパコジェット 本体んホルダー取り付け部やスピンドル部のすすぎ洗いをしてください。

乾燥

洗浄後、各部品は柔らかい布を使って水分をしっかり取り除き、空気乾燥させてください。

アルコール除菌

乾燥した各部品にアルコール除菌剤をスプレーして洗浄は完了です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エフエムアイのパコジェット PJ-1

パコジェット PJ-1 FMI

エフエムアイのパコジェット PJ-2

パコジェット PJ-2 FMI

パコジェット

パコジェット の正しい使い方