チンバリLA CIMBALI M39TE-DT/3(TS)

エスプレッソマシン コーヒー関連

チンバリLA CIMBALI M39TE-DT/3(TS)

グループごとに抽出温度が調整できるサーモドライブシステム搭載モデルです。

チンバリ(エスプレッソマシン)の6つの特徴

ここではチンバリの6つの特徴について解説します。

チンバリの6つの特徴はこちらです。

  • スマートボイラー(独自圧力制御プログラム)
  • ターボスチーム(全自動フォームドミルク)
  • ヒートエクスチェンジャー(熱交換機)
  • カス乾燥システム
  • 蒸らし構造(湯溜りシステム)
  • ユーザーインターフェイス

順番に解説します。

スマートボイラー(独自圧力制御プログラム)

世界特許である、ボイラーマネジメントシステムです。電子制御でボイラー圧力の変動が極めて小さくなるようにボイラーへの吸水量をコントロール。ボイラー圧力制御を優先させることにより、マシンの使用頻度がピークに達した時も常に安定したスチームを取り出すことができます。

ターボスチーム(全自動フォームドミルク)

温度感知センサー付き蒸気栓は一切の手動オペレーションを必要とすることなく、滑らかなクリーム状のフォームドミルクを全自動で作ることができます。また、エアをいれなければホットミルクを作ることも可能です。スマートボイラー搭載モデルでは、より蒸気圧力の低下が抑えられますので、さらにターボスチームの能力が発揮されます。

ヒートエクスチェンジャー(熱交換機)

薄くて熱伝導に優れていた金属に素材によって、タンク内の温水と蒸気の熱を、効率よく熱交換します。ボイラータンク内に沸かして溜めているお湯ではなく、一杯づつ常に新鮮な水を使用して、エスプレッソを抽出するチンバリの水、味へのこだわりです。

カス乾燥システム

抽出後、ホルダー内に残った水分を、瞬時に乾燥させるシステムです。高温蒸気の吸引によってホルダー

製品仕様

型式

M39TE-DT/3(TS)
タイプ エスプレッソ(3連)+蒸気+ターボスチーム+熱湯
ボイラータンク容量 15l
電源 三相200v 50/60Hz(単相可)
電流 16A(単相時27A)
消費電力

5,4kW

必要設備 給水栓G1/2 排水孔φ50mm以上
質量 102kg
外形寸法 幅1,055×奥行570×高さ595mm

※価格についてはお問い合わせフォームからお見積もりの依頼をお願いいたします。業界一の安さを目指して提案させていただきます。

エスプレッソとは・・・

エスプレッソとはイタリア語で『特急」「速達」の意味である”エキスプレス”が語源です。

圧力をかけて早く抽出することを意味します。短時間で一気に抽出するため、コーヒー豆の雑味成分が溶け出さずに、旨味の凝縮された仕上がりになります。味も香りも他のコーヒーとは一線を画す明らかな特徴があります。

良いエスプレッソの5つの条件

ここでは良いエスプレッソの5つの条件について解説します。

良いエスプレッソの5つの条件はこちらです。

  1. アロマ
  2. ボディー
  3. クリーミーネス
  4. アフターテイスト
  5. フレーバー

順番に解説して行きます。

アロマ

コーヒー豆に含まれる揮発性芳香成分のことです。見るで細かく挽くことで香りがたち、エスプレッソとして抽出することで、さらに引き立ちます。

ボディー

エスプレッソを飲んだ時に感じられる、コクや深み、芳醇で濃厚な旨味のことです。

クリーミーネス

表面をおおう、クリーム状の泡たちの事です。明るい褐色で、きめ細かく平らであることが大切です。

アフターテイスト

エスプレッソを飲み終わった後の心地よい余韻のことです。イタリアではデミタスカップから一口二口で飲み、アフターテイストを楽しむのが良いとされています。

フレーバー

香味あるいは風味のことです。エスプレッソ独特の濃厚で上品な、趣のある味わいをさします。

美味しいエスプレッソ抽出の5つのポイント

ここではどのようにすれば美味しいエスプレッソを抽出できるのか?を解説します。

5つのポイントに絞って解説していきます。

美味しいエスプレッソを抽出する5つのポイントは以下の5つです。

  1. 厚手のカップ
  2. 旨味のあるロースト
  3. 適した挽き方
  4. 適した湯温と圧力
  5. バランスの良い抽出調整

順番に解説していきます。

厚手のカップ

すりきり容量が60~70mlくらいで、冷めにくい厚手のデミタスカップが適しています。

旨味のあるロースト

ロースト度合いによって味が決まります。深煎りすぎると苦味と焦げ臭さが強くでます。

適した挽き方

20~30mlのエスプレッソを20~30秒噛んで抽出するようにメッシュ調整することにより、あろま豊かなボディのあるエスプレッソを抽出することができます。低速回転で豆を均一に粉砕するのが理想とされています。

適した湯温と圧力

湯温は90℃、抽出圧力は9気圧がエスプレッソの美味しさを実現する最も良い設定です。チンバリのマシンはこの設定を保持するベストマシンです。

バランスの良い抽出調整

適した湯温と圧力で20~30mlを20~30秒で抽出するようにします。圧力不足・湯温の低さ・粉が粗く抽出時間が早すぎると、抽出不足を招きます。

おすすめの記事

電気料金 1

「電気代が高いからもっと安くしたい」 「電気代をもっと安く方法ってあるの?」 「忙しいから、手続きが簡単な方法ってないの?」   そんな悩みを解消します。   飲食店を経営する上で必要不可欠な電気代金 ...

2

「飲食店を開業したいけど、どこに厨房設計をお願いすれば良いの?」 「予算はあまりないから大手厨房メーカーには相談できない・・・。」   そんなお悩みを解決します。     本記事では飲食店開業の為の厨 ...

サーモミックス 3

流行り廃りのある飲食業界で、有名シェフによって新しい厨房機器が使われ、その厨房機器を使ってみたいという料理人が増えることがあります。 真空調理 ショックフリーザー 過冷却 エスプーマ ガストロバック ...

行列 4

飲食店経営者の皆さん。 集客に苦戦していませんか? 「新規オープンで飲食店を開いたけど、オープン景気以降は客足が伸びない。」 「お店の公式Twitterやインスタも更新しているけど、集客に苦労している ...

オゾン発生器おすすめ5選|家庭用から業務用まで 5

臭いのインパクトというのはとても強いということをご存知でしょうか? 例えばこんな経験はあるのではないでしょうか?   仕事や部活の帰りに駅から家まで歩いて帰る途中に漂ってくるカレーの匂い。 その匂いを ...

-エスプレッソマシン, コーヒー関連

Copyright© 株式会社ナカイヤ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.