株式会社ナカイヤ電話番号

株式会社ナカイヤメールアドレス

リムーザン

フランス料理

リムーザン地方の料理の特徴

「リムーザン地方の料理の特徴って何?」

「リムーザン地方の食材ってどんなものがあるの?」

「リムーザン地方の代表料理って何?」

 

そんな疑問に答えます。

 

こちらの記事を最後までお読み頂ければ、リムーザン地方の料理について詳しくなります。

留学や旅行を検討している方はぜひ最後までお読み下しさい。

 

ここでは以下の事について書いています。

 

本記事の内容

  • リムーザン地方とは?
  • リムーザン地方の代表料理

順番に解説します。

 

リムーザン地方とは?

 中央山塊の北西部にあたる標高900m近くの高原地帯で、面積の約2/3を牧草地と森林が占めるのがリムーザン地方です。

 

中心都市はリモージュで陶磁器生産として有名です。

昔からの主要食材である栗と穀物、豚、羊、森で取れる野生のキノコ、ブルーベリーやブラックベリーなどの果実。

 

さらに狩猟による野ウサギ、イノシシのどの肉を巧みに組み合わせて農民の料理に変化と彩りを添えてきた歴史があります。

 

 特に西部のボカージュというところでは牧草が盛んです。

中でもリムジーヌ種の牛肉は極めて良質で、ブルゴーニュ地方のシャロレーズ種に匹敵すると言われています。

 

水の澄んでいる河川や池にはカワマスなどが生息しています。

果物では栗以外にもくるみやさくらんぼ、フランボワーズ、りんごなどが豊富に取れ、主にデザートに多く使われています。

 

特にリムーザン地方のりんごは歯ごたえのあるゴールデン種で人気が高いです。

 料理名にリムーザン風とつく料理は紫キャベツとりんご、栗を一緒に煮たものを付け合わせることが多いです。

 

リムーザン地方の代表料理

ここでは リムーザン地方の代表料理について解説します。

ブレジョード

brélaude

皮付き塩漬け豚バラ肉入りのキャベツスープ。最後に赤ワインですすいで飲み干すシャブロという習慣もあります

マスの豚バラ肉風味

truite de rievière au lard

マスをラードでムニエルにし、その焼き油で塩漬け豚バラ肉、ニンニク、香草などを炒めて魚にかけたものです

野兎のカベサル仕立て

livree en cabessal

野兎に豚、仔牛肉などを詰めてワインで煮込み、煮汁を野兎の血とレバーでつないでソースにします。野兎のロワイヤル風の元祖ともいわれています

じゃがいものファシデュール

farcidere de pommes de terre

豚バラ肉入り邪義も団子。ポテなどの中で煮て、付け合わせにしたりします

クラフティ

clafoutis

容器にブラックチェリーを並べ、小麦音卵、牛乳、砂糖を混ぜたものを入れてオーブンで焼き、取り出して砂糖をふって冷ます。クラフティ・リムーザンとも呼ばれます。

フロニャルド

flognarde

小麦粉、砂糖、卵、牛乳、塩、オレンジフラワーウォーターやラム酒などを混ぜて容器に入れ、オーブンで焼いたもの

鹿ノワゼットのポワレ、ねずの実風味の作り方

分量

鹿ロース肉    80g 2切れ

〜マリナード〜

油         200cc

人参        1本

玉ねぎ       1個

セロリ       1本

タイム       3本

ローリエ      2枚

〜ソース〜

鹿のフォン     60g

フォンドヴォー   60g

ピノノワール    60g

生クリーム     15g

マスタード     5g

バター       10g

塩、胡椒      適量

〜付け合わせ〜

ビーツのムース

ビーツチップス

エシャロットコンフィ

ねずの実

ローズペッパー

作り方

  1. 鹿ロース肉は1本のままで24時間マリネしたものをノワゼットに切ります。付け合わせを作ります。洗ったビーツは皮ごとアルミホイルに包んで180度のオーブンに約2時間入れて完全に火を通します。
  2. 皮を向き、半分はみじん切りにし、残り半分はミキサーにかけてピューレにします。小鍋に両方入れて、火にかけ、生クリームとバターを加えて味を調えます。
  3. ビーツのチップを作ります。小さめのビーツの皮をむき、ごく薄くスライスします。160度の揚げ油で泳がせるように揚げ、油をよく切っておきます。
  4. エシャロットは皮を向き輪切りにし、バターで色づくようにじっくりそてーします。塩、胡椒で調味しコンフィにします。
  5. 鹿肉のノワゼットに塩、胡椒し、刻んだねずの実をつけロゼに焼き上げます。
  6. 鍋から肉を取り出し、脂をきったのちピノ・ノワールを入れて煮詰めます。鹿のフォンとフォンドヴォーを加えさらに煮詰めたのち生クリームとマスタードを加え、バターでモンテします。
  7. 盛り付けて完成です。

 

 

\ 他の記事を読んでみる /

フランス料理の記事一覧

おすすめの記事

電気料金 1

「電気代が高いからもっと安くしたい」 「電気代をもっと安く方法ってあるの?」 「忙しいから、手続きが簡単な方法ってないの?」   そんな悩みを解消します。   飲食店を経営する上で必要不可欠な電気代金 ...

2

「飲食店を開業したいけど、どこに厨房設計をお願いすれば良いの?」 「予算はあまりないから大手厨房メーカーには相談できない・・・。」   そんなお悩みを解決します。     本記事では飲食店開業の為の厨 ...

サーモミックス 3

流行り廃りのある飲食業界で、有名シェフによって新しい厨房機器が使われ、その厨房機器を使ってみたいという料理人が増えることがあります。 真空調理 ショックフリーザー 過冷却 エスプーマ ガストロバック ...

行列 4

飲食店経営者の皆さん。 集客に苦戦していませんか? 「新規オープンで飲食店を開いたけど、オープン景気以降は客足が伸びない。」 「お店の公式Twitterやインスタも更新しているけど、集客に苦労している ...

オゾン発生器おすすめ5選|家庭用から業務用まで 5

臭いのインパクトというのはとても強いということをご存知でしょうか? 例えばこんな経験はあるのではないでしょうか?   仕事や部活の帰りに駅から家まで歩いて帰る途中に漂ってくるカレーの匂い。 その匂いを ...

-フランス料理

Copyright© パコジェット本体価格の無料見積もりはナカイヤへ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.