フュージョンシェフDiamond-S

ユラボ社フュージョンシェフ 加工機器 厨房機器でお悩み 熱機器

フュージョンシェフのメリットやデメリット|使う時の注意点

あなたにとって最高の真空調理器とはどんな機械ですか?

業務用の真空調理器である「フュージョンシェフ」をご存知ですか。

フュージョンシェフは真空パックした食材を低温で加熱する事により低温調理をすることができます。

食材のもち味を最大限に引き出すことができる真空調理器であるフュージョンシェフの特徴をご説明します。

また、これを使用するメリットやデメリット・注意事項などもご紹介しますので参考にしてみてください。

フュージョンシェフとは?

フュージョンシェフとは?

真空パックになっている食品を入れることで、温度コントロールを正確にしながら調理していきます。

真空低温調理とは、生の食材もしくは焼き目を入れた食材を真空パックに入れて、100℃以下の低温でじっくり調理することです。

真空パックの中で食材と調味料が一緒に調理され、風味や旨味・栄養分を逃すことなく調理ができます。

真空パックになっているので、空気に触れることもありません。

細菌繁殖のリスクが減り、料理を安心して提供することもできるでしょう。

フュージョンシェフは、「パール」と「ダイアモンド」の2種類があります。

パールは、約58リットルまでの水温制御をするものです。

最高温度は+95℃で、温度精度は±0.03℃、電源は200Vに設定されています。

ダイアモンドは事前プログラムメモリーやデータ保存などの機能が、パールに加わっているものです。

芯温センサーがあり、設定温度になったらアラームでの通知があります。

フュージョンシェフでは、安全規格として空焚きの防止や液面低下でのアラーム通知があることも特徴です。

フュージョンシェフのデメリット

フュージョンシェフのデメリット

フュージョンシェフのデメリットを解説します。

通常のフライパンや鍋・オーブンなどで調理するよりも、フュージョンシェフで調理する時の方が、時間がかかってしまいます。

料理を出すまでの時間は長くなってしまうでしょう。

回転率を早めたい店舗にはデメリットになる可能性があります。

フュージョンシェフの3つのメリット

フュージョンシェフの3つのメリット

フュージョンシェフを使うメリットは3つあります。

3つのメリット

  • 味を均一にできる。
  • 簡単
  • 衛生的

味を均一にする

フュージョンシェフは真空低温調理で、食材を美味しく調理できることがメリットです。

栄養や水分が真空パックから漏れることなく旨味を凝縮させ、味や栄養分が均一にすることができます。

フライパンや鍋などで調理するものは、環境や調味料の入れ方で味が変わってしまいます。

フュージョンシェフは真空パック内に調味料と食材を入れてから調理し、中身が漏れることもないので味や栄養分を食材に素早く浸透させることができます。

簡単

フュージョンシェフでは、真空パック内で調理するので簡単に料理を作成できることがメリットです。

温度のコントロールもされているので、焦げ付きなどの心配はありません。

食材が一番おいしくなる温度を研究して、設定温度に採用していることが特徴です。

温度コントロールも正確で、温度精度は約±0.03℃とされています。

つまり、食材の最適な温度で調理することができるのです。

設定温度に達すると、その温度を長時間保っています。

事前プログラムメモリーやデータ保存もあるので、材料を入れてボタンを押すだけで調理できる手軽さもメリットです。

フュージョンシェフで調理したものは、柔らかくジューシーな仕上がりになることもメリットでしょう。

真空低温調理では、100℃以下の温度で調理できることが特徴です。

魚や肉に含まれるタンパク質は、62℃で凝固し始め、68℃から水分分離で細胞破壊をしていきます。

その温度以上になると食材が硬くなったりパサついたりするのです。

真空低温調理では、食材の硬化やパサつきを防ぐ温度で調理をしています。

長時間低温で調理することで、魚や肉が柔らかくジューシーな仕上がりになるのです。

衛生的

食材を清潔に調理し、衛生的に保存できることもメリットです。

真空パックに入れることで、食材を触る回数が減り、衛生的に取り扱うことができます。調理時の臭いや油汚れもないので、調理場を衛生的に保てるでしょう。

真空になっているので、細菌の繁殖リスクを軽減することも可能です。品質保持期間が長くなるので、必要な食材の量を把握しやすくなります。

余分に購入した食材が傷んでしまうこともなくなり、経費削減にもなるでしょう。

フュージョンシェフを使う時の注意点!!

フュージョンシェフを使う時の注意点!!

フュージョンシェフを使用する時の注意点について解説します。

フュージョンシェフを使う時には、機器の構成部分をしっかりと確認することが大切です。

使用する時には本体をクランプで取り付けます。

その際、容器内に水を入れましょう。

ヒーターで水を温めながらポンプを循環させることで温度のコントロールができます。

衛生面の管理をすることが重要です。

低温調理は食中毒のリスクがあるため、真空パックに入れる前段階で衛生面に気をつけなければなりません。

真空パックは新品を使い食材を入れてすぐに密閉します。

真空パック内に入れる食材を調理する時は手洗いを徹底し、綺麗な器具を使用しましょう。

フュージョンシェフのメリットやデメリットのまとめ

フュージョンシェフのメリットやデメリットのまとめ

いかがでしたでしょうか?

フュージョンシェフのメリット・デメリットについてご紹介しました。

業務用真空調理器フュージョンシェフは真空パックに入れ低温で調理することで、美味しく、簡単に、衛生的に、調理をすることができます。

調理に時間がかかるというデメリットはあるものの、手をかけずに加熱調理が完成する事を考えれば仕事の効率はよくなります。

注意するのは衛生面でしたね。

フュージョンシェフに限らず、低温調理全般に言える事ですが食材や真空袋を衛生的に保つ様に設備を整えましょう。

食材を柔らかくジューシーに仕上げるには低温調理は欠かせない調理方法となって来ました。

まだ利用したことがない人はご検討ください。

一説によると、低温調理の発達は労働時間を短くしたいフランス人がしきりに使い始めたので流行ったという噂もあります。

この記事を参考にフュージョンシェフでの低温調理を試して見てくださいね。

自社農園を保有して売上アップ!!

\ この記事はどうでしたか? /

おすすめの記事

Vide Pro(ヴィードプロ)のメリット・デメリット 1

「Vide Pro(ヴィードプロ)って何?」 「メリットとデメリットが知りたい!」 「ガストロバックと同じ?」   そんな疑問にお答えします。   本記事ではVide Pro(ヴィードプロ)の正規販売 ...

電気料金 2

「電気代が高いからもっと安くしたい」 「電気代をもっと安く方法ってあるの?」 「忙しいから、手続きが簡単な方法ってないの?」   そんな悩みを解消します。   飲食店を経営する上で必要不可欠な電気代金 ...

3

「飲食店を開業したいけど、どこに厨房設計をお願いすれば良いの?」 「予算はあまりないから大手厨房メーカーには相談できない・・・。」   そんなお悩みを解決します。     本記事では飲食店開業の為の厨 ...

行列 4

 飲食店経営者の皆さん。 集客に苦戦していませんか? 「新規オープンで飲食店を開いたけど、オープン景気以降は客足が伸びない。」 「お店の公式Twitterやインスタも更新しているけど、集客に苦労してい ...

-ユラボ社フュージョンシェフ, 加工機器, 厨房機器でお悩み, 熱機器

© 2020 株式会社ナカイヤ Powered by AFFINGER5