マッシュルーム

ナカイヤブログ 加工機器 真空包装機

なぜTOSEI(トーセイ)の業務用真空包装機が選ばれるのか?3つの理由を解説

「業務用真空包装機ってTOSEIがいいの?」

「TOSEIの真空包装機は他のメーカーと比べてどう違うの?」

そんな疑問を解決します。

ここではTOSEIの業務用真空包装機が選ばれる理由について解説します。

この記事では以下の事について書かれています。

  1. 真空包装機のメリット
  2. なぜTOSEI(トーセイ)の業務用真空包装機が選ばれる3つの理由
  3. TOSEI(トーセイ)の業務用真空包装機が選ばれる3つの理由まとめ

順番に解説します。

真空包装機のメリット

市場の魚

今、飲食業界の中で注目されているのが真空包装機です。

食材を空気に触れさせず真空状態に保てる業務用厨房機器ですが、なぜ注目されているのでしょうか。

食材というのは空気に触れているだけで味や鮮度が落ちていきます。

これは空気に触れることで酸化が進み、食材の劣化が進むからです。

そして食材を扱う時に最も気を付けたい雑菌の繁殖も、空気中に酸素があることによって増殖します。

つまり食材から空気を遮断することは、飲食業界にとって重要なポイントとなるわけです。

それでも新鮮な食材をその都度使用していれば、そういった問題はないという人もいます。

しかし、それを実現しようと思うと、高価なコストがかかってしまうこととなります。

野菜や魚肉類など必要な分だけ使用し、残った分は鮮度が落ちるからと廃棄処分にするということは、食材の仕入れコストだけでなく廃棄コストもかかり、地球環境にとってもいいことはありません。

そこで真空包装器を使えば、美味しい食材をそのままの状態で保存することができ、長時間鮮度を保つことが可能となるのです。

 

なぜTOSEI(トーセイ)の業務用真空包装機が選ばれる3つの理由

ワンオペ

ここではなぜTOSEI(トーセイ)の業務用真空包装機が選ばれる3つの理由について解説します。

TOSEI(トーセイ)の業務用真空包装機が選ばれる理由はこちらの3つです。

  1. 人件費削減
  2. 温かいままパッキング出来る
  3. タッチパネルで使い方も簡単

順番に解説します。

人件費削減

飲食業界で問題となっているのは、食材にかかるコストだけではありません。

最大の問題と言われているのは働く人の人件費です。

慢性的な人手不足と言われている飲食業界では、賃金を高くしないと働き手が集まらず、経営を圧迫しているのです。

特に、クリスマスや忘新年会など、年末年始にかけた飲食業はとても忙しくなります。

空いている時間に真空包装機を使ってあらかじめ食材を調理しておくことで、最低限の従業員でお店を回すことが可能となります。

そうなると、人件費削減だけでなく客の回転率を上げることにもつながり、売上のアップが見込めます。

そんな真空包装機ですが、多くのメーカーから真空包装機は発売されていますが、toseiの真空包装機は従来製品にはない魅力を兼ね備えたタイプもあります。

業務用の厨房機器というと大掛かりなイメージを持つ人も多くいますが、真空包装機自体はコンパクトに設計されているものが多く、実際の厨房で使用されているのも作業台の上に設置する置き型タイプが主流です。

上部にふたがついていて、炊飯器のように上に開けて使用します。

このタイプだと、作業台の上にしか設置できず、真空包装機の上に何か物を置いたりといったことは出来ません。

ところが、toseiの新しい真空包装機は引き出し式を採用し、トースターのような箱型形状を実現しています。

それにより、上部に十分なスペースがなくても設置が可能で、上に調味料等を置いたりすることも出来るようになりました。

より作業スペースを確保したければビルトインにも対応しているので、快適且つスタイリッシュな空間を作ることも可能です。

温かいものもパッキングできる

時間の節約

また、toseiの業務用真空包装機の魅力は、温かい食材も真空状態に出来るという点もあります。

従来の真空包装機は、真空にパッキングする前には食材を冷やしておかなければなりませんでした。

液体スープなどを真空状態にすると、減圧作用によってスープが温められて再沸騰することがあります。

そのため従来の真空包装機では、液体は十分に冷ましてから真空保存しなければなりませんでした。

しかし食材が55℃以下になると、今度は急激に食中毒などの危険性が高まります。

そのために温かいものの真空保存は難しかったのです。

しかし、tosei真空包装機にはホットパックモードがあり、これを利用すれば温度センサーの管理によって食材の沸騰を感知し、適切な圧力で真空状態にすることができるのです。

食材を冷ます時間が大幅に短縮できることと、衛生管理の点で、ほかの真空包装機よりも多くのメリットが得られます。

タッチパネルで使い方も簡単

toseiの業務用真空包装機は使い方も簡単です。

食材に合わせた真空専用フィルムに各種食材を入れたら、真空包装機にセットしてボタンを押すだけとなっています。

しかも、崩れやすい柔らかな食材もボタンの操作でソフトに真空状態を作っていきます。

また、空気を抜いた真空状態だけでなく、パックの中にガスを入れて膨らませるガスパック、野菜など少量の酸素は残したい食材には脱気パックといった様々な状態も、ボタン操作だけで簡単に使い分けることができるのです。

それと、真空包装機を使い続けるうえで最も大切なのはオイルの状態です。

オイルが劣化したり漏れていたりすると、適切な真空状態が作れません

tosei真空包装機はメンテナンスも簡単に設計されていて、23か月に1回といった目安でオイル交換をすると状態よく使い続けることができます。

ですので、年間保守契約に加入しておけば、より安心して使うことができるでしょう。

TOSEI(トーセイ)の業務用真空包装機が選ばれる3つの理由まとめ

椅子に座る女性

 

いかがでしたでしょうか?

なぜTOSEI(トーセイ)の業務用真空包装機が選ばれる3つの理由について解説しました。

温かい物をそのまま真空パック出来るのはTOSEIの最大の特徴です。

冷ましてから真空パックするのと、真空パックしてから冷ますのではあまり差がないのでは?

そう感じる人もいるかもしれません。

しかし、真空パックしてから冷ました方が異物の混入などを防ぐことが出来るので、衛生的です。

最後にもう一度、TOSEI(トーセイ)の業務用真空包装機が選ばれる理由を確認しておきましょう。

  1. 人件費削減
  2. 温かいままパッキング出来る
  3. タッチパネルで使い方も簡単

でしたね。

真空包装機に関するお悩みや購入の相談は株式会社ナカイヤまでお問い合わせください。

お見積もり・ご相談はこちら

お問い合わせする

※24時間いつでも大歓迎です。

roast-beef
TOSEI業務用真空包装機を選びに迷っている方必見です。

飲食店を開業する為に真空包装機を購入したいけど、どのタイプを購入すればいいのかわからいない。 そんなあなたの疑問を解決します。 タップ出来る目次1 なぜ株式会社ナカイヤなのか?2 真空包装機選びは絶対 ...

続きを見る

 

よく読まれている記事

パコジェットPJ-2 PLUS 1

飲食店を開業するのにパコジェットを購入したい。けれどもどこで購入すれば最も安く購入できるのか?そんなお悩みをここでは解決します。 飲食店を開業するのにはとてもお金がかかります。 特に東京で飲食店を開業 ...

coffee-20 2

写真をラテアートにするマシンを導入したいけど機械の名前もわからないし、操作方法やインクの原材料や、導入する為に何が必要なのかわからない。 そんな悩みを解決します。 ここでは写真を簡単にラテアートにする ...

フュージョンシェフDiamond-S 3

「加熱調理の効率化・合理化をしたい。」 「加熱調理に時間がかかってお客様を待たせてしまう。」 「加熱調理で食材が崩れてしまい、見た目が悪くなってしまう。」 ここでは以上のような悩みを持った方の悩みを解 ...

roast-beef 4

飲食店を開業する為に真空包装機を購入したいけど、どのタイプを購入すればいいのかわからいない。 そんなあなたの疑問を解決します。 タップ出来る目次 1 なぜ株式会社ナカイヤなのか? 2 真空包装機選びは ...

食材サラダ 5

減圧調理器ガストロバックを使うとどんな料理が作れるのか? そんな疑問にお答えします。 なぜ疑問に答えられるのか? 弊社代表の中井は2007年に25歳にして、当時「世界一予約の取れないレストラン」【エル ...

-ナカイヤブログ, 加工機器, 真空包装機

Copyright© パコジェット本体価格の無料見積もりはナカイヤへ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.