なぜマルゼン 涼厨フライヤーMGFシリーズが飲食店に選ばれるのか?

フライヤー 厨房機器でお悩み 熱機器

なぜマルゼン 涼厨フライヤーMGFシリーズが飲食店に選ばれるのか?

蒸し暑い厨房環境を変えませんか?

夏の飲食店の厨房で汗だくにって働いていませんか?その厨房環境にスタッフの方から不満の声はありませんか?

飲食店の厨房というのは暑くなってしまいがちです。

それもそのはず、加熱調理器がたくさんあるからです。

ガス台、オーブン、フライヤー、サラマンダーなど加熱調理をする厨房機器がたくさんあり、それらが発する熱によって厨房内の温度が上昇していってしまいます。

この問題を解決するには、いくつかの方法がありますが、今回は厨房機器を変更する事で解決する方法をご紹介したいと思います。

マルゼンの涼厨フライヤーMGFシリーズというのをご存知でしょうか?

ネーミングからして涼しそうですが、一体どのようなフライヤーなのか気なる方も多いと思います。

本記事ではマルゼンの涼厨フライヤーMGFシリーズについてご紹介したいと思います。

なぜマルゼン 涼厨フライヤーMGFシリーズが飲食店に選ばれるのか?

悩む女性

マルゼンという会社をご存知でしょうか?

飲食店で働いた経験のある方は知っている方も多いかもしれませんが、知らない方の為に簡単にご紹介しておきます。

マルゼンというのは業務用総合厨房機器メーカーです。

業務用に使う厨房機器の製造販売をしている会社です。

その取扱製品は多く冷蔵庫・製氷機・フライヤー・IH調理器・ショーケースなども取り扱っています。

そんな、マルゼンが販売している涼厨フライヤーというのは燃焼排気が拡散しないように煙突構造になっています。

また、調理中に触れやすい前カマチと呼ばれる部分に、取り外し可能なヒートプロテクターを装備し輻射熱を抑えるだけでなく、接触時の安全性も高めています。

さらには油槽全体を断熱材で覆い、さらに周囲に空気断熱層を設ける事で、フライヤー本体から発せられる輻射熱や表面温度の上昇を抑えることができます。

ですので、以前のフライヤーと比べると厨房内の温度上昇を抑えることができます。

マルゼン 涼厨フライヤーMGFシリーズの6つの特徴とは?

チェックリスト

そんなマルゼンの涼厨フライヤーMGFシリーズの6つの特徴をご紹介したいと思います。

今までのフライヤーとはどのような違いがあるのでしょうか?

なぜ涼しい厨房環境を実現できるのでしょうか?

その答えがこの6つの特徴にあるのかもしれません。

熱効率に優れた大型ホールヒートパイプ

マルゼンの涼厨フライヤーMGFシリーズでは大型ホールヒートパイプによる特殊循環加熱方式を採用しています。

ですので、これまでのマルゼンの製品と比べても高い熱効率となっています。

しかも、調理に使用する油槽の上部のみを加熱するので、エネルギーに無駄がなく、省エネにもなります。

それにより、油温の上昇も早くなり、注文が立て込んでいるいる時でも素早い料理提供が可能です。(卓上タイプを除く)

パイロットバーナーの目詰まり防止

パイロットバーナーにはノズル清掃機構が設けられているので、油や汚れによる目詰まりを簡単に掃除することができます。(卓上タイプを除く)

パイロットバーナーが目詰まりすると、着火もしづらくなり時間も無駄にしてしまいます。

清掃性が向上した油槽構造

ホールヒートパイプを大型化したことで、必要本数を減らす事で熱効率を損なわずに油槽の奥まで容易に手が届くような構造になっています。

溜まった揚げカスなどを簡単に掃除することが可能になりました。

また、排油コックを回すだけで油缶に排油ができるので、キャスターつき油缶で簡単に取り出すことができます。

油が循環して酸化が少なく美味しく揚がる

大型ホールヒートパイプにより油槽内の油は常に循環してるので、局所的な過熱が少なく酸化を防ぐことができます。

揚げカスなどは油槽下部のクールゾーンと呼ばれる所に落下するので、常に汚れの少ない適温部分で調理をすることが可能になりました。

これにより、香りを損なわずに美味しい揚げ物を常に提供できるようになりました。

正確な油温管理と確実の自動点火

油温はシンプルで確実なサーモスタッドにより160〜220度の範囲でコントロールして適温を保ちます。

点火には素早く確実な圧電式自動点火方式です。

万が一のトラブルに備えて

万が一のトラブルを避けるための装置も搭載しています。

温度調節ダイヤルとガスコックの操作部にはカバーを設け、不用意な油の侵入を防げるようになっています。

同じように排気のカバーは小物などの落下物を防ぎます。

また立ち消え安全装置、過熱防止装置なども搭載しているので、万が一のトラブルや災害が発生した時も過熱し続けることはありません。

マルゼン涼厨フライヤー低油量タイプとは?

実はマルゼンの涼厨フライヤーMGFシリーズには低油量タイプというのが存在しているのをご存知でしょうか?

これは普通の涼厨フライヤーとは違い特殊楕円ホールヒートパイプで油量を削減できるフライヤーなのです。

当然調理能力は変わらずに油が少ない量で済むので油代を節約することが出来ます。

では、どの程度の油量を節約できるのかというとおよそ8〜11%の油量の節約が可能になっています。

これは油代だけでなく廃油を処理する費用にも関わってくるので大きな節約になります。

油が少ない量で済むことで当然ガス台の節約にもなります。

早い立ち上がりで、ガスの消費量を抑えることが出来省エネになります。

もちろん中間加熱方式なので、調理に使用する油槽の上部のみを加熱するので、エネルギーに無駄がないので、より省エネ効果た高まります。

失敗したくないなら、マルゼンのガスフライヤーエクセレントシリーズを選べ!

エビ天

フライヤーをよく使う飲食店、特に居酒屋では毎日のようにフライヤーを使いたくさんの美味しい揚げ物料理を作ります。

それをお客さんは美味しように食べて笑顔になって帰って行きます。

お客さんにも喜んでもらって、飲食店は儲かってどちらもハッピーです。

そんな飲食店では毎日フライヤーを掃除して油を股間します。

もし従来のフライヤーの油の量が19Lだとしたら、毎日19lの油をが必要になるということになります。

一斗缶1つで16.5kgなので大体毎日一斗缶丸々必要になります。

揚げ油で使う油は一斗缶で大体4,000円弱となってます。

つまり毎日油だけで4,000円のコストが掛かっていることになります。

1ヶ月の営業日数が26日だった場合、

4,000円×26日=104,000円が必要になります。

104,000円×12ヶ月=1,248,000円が年間で掛かっている計算になります。

124万となるとバカにならない金額です。

これが少しでも削減できると考えたら、マルゼンのガスフライヤーエクセレントシリーズを選ぶべきだというのが理解できると思います。

このマルゼンのガスフライヤーエクセレントシリーズでは後ほどご紹介しますが、油量を5〜9%削減することができます。

もし年間の油量を9%削減することができたら、購入金額も削減することができます。

1,248,000円の9%ですので112,320円の節約になります。

この112,320円が自分の利益になると考えたら、マルゼンのガスフライヤーエクセレントシリーズを選ぶことが最良の選択肢ではないでしょうか?

マルゼンのガスフライヤーエクセレントシリーズの5つの特徴

カキフライ

マルゼンのガスフライヤーエクセレントシリーズの5つの特徴をご紹介したいと思います。

旨さを逃さない油温管理

マイコンの制御により、100度〜240度まで1度刻みで油温をコントロールすることができます。

調理温度可能帯が広いので、様々なメニューに対応することができます。

しかも、揚ムラを防ぎ、味・香り・色全てにおいてベストな仕上がりを可能にしました。

操作はタッチパネルシートに触れるだけなので、調理経験のああいアルバイトさんでも簡単に扱うことがきます。

また、タッチシートパネルなので、油や水が侵入することがないので故障の原因を減らすことができます。

油の酸化を抑え旨さをキープ

バーナー制御に採用した比例制御方式が、ガスの流量を最適な状態にコントロールします。

これにより油の過剰加熱を防ぎ、油の余分な酸化を防ぐことができます。

さらにマルゼンの独自の特殊循環加熱方式によって、油が濁らず、常に汚れの少ない適温部分で調理することができるので、常に美味しい調理をすることができます。

5-3.冷凍食材を投入しても温度がすぐに上昇

加熱方式はマルゼン独自の特殊楕円ホールヒートパイプを採用することで、熱効率が以前のものに比べて向上しました。

冷凍食材を投入した後でも、油温がすぐに立ち上がります。

しかも、調理に使用する油槽の上部のみを加熱するので、エネルギーにも無駄がありません。

省エネ効果もあるので、長い目で見ると利益率をアップすることができます。

油量を5〜9%削減

従来のファーストフードタイプで使用していた高カロリー用ホールヒートパイプをレギュラータイプにも採用することで、油量を5〜9%減らすことに成功しました。

油代はもちろんのこと、廃油処理費も削減することができるので、今までと同じ売り上げだとしても経費が少なく済むので利益が増えることになります。

全機種床面より150mm以上の隙間を確保

レギュラータイプは150mm、ファーストフードタイプは200mm床面から隙間を設けました。

それにより、ほうきやモップなどが入りやすく、掃除がしやすくなりました。

油汚れを踏んでしまうと、靴底につき厨房中の床が油まみれになってしまい、滑りやすくとても危険です。

そんな可能性をか限りなく減らすことができます。

マルゼン ガスフライヤーが優れている5つの理由とは?

チェックリスト

マルゼンは業務用厨房機器で有名なメーカーなので、知っている方も多いと思います。

特にフライヤーはマルゼンのものを使っている、もしくは使ったことがあるという人も多いと思います。

しかし、お店に設置されているから使ったことがあるだけで、なぜオーナーがマルゼンのフライヤーを選んだのかまではわからないと思います。

ですので、なぜオーナーがマルゼンのフライヤーを選んだのか?はこちら読んでいただければ、わかるのではないでしょうか?

熱効率に優れた大型ホールヒートパイプ

高い熱効率を実現するために特殊循環加熱方式で大型ホールヒートパイプを採用しています。

調理中に使う上部のみを加熱するのでエネルギーにも無駄がありません。

忙しいサービス時間中も油温の上昇が早いので、素早く料理を提供することが出来ます。

清掃性が向上した油槽構造

溜まった揚げカスなどを簡単に取り除けるように、ホールヒートパイプを大型化して本数を減らしてあります。

ホールヒートパイプの本数が減ったからといって、当然ですが熱効率は下がっていません。

また排油コックを回すだけでキャスター付きの油缶に簡単に取り出せます。

油が循環して酸化が少なく美味しく上がる

美味しい揚げ物を作るには綺麗な油を使うことも大事な要素です。

酸化した油で調理をしてしまうとせっかくの食材も台無しになってしまいます。

マルゼンガスフライヤーは大型ホールヒートパイプにより油槽内の油は常に循環しています。

ですので、局部的に油が過熱しすぎて酸化するという現象を防ぐことが出来ます。

また、揚げカスは油槽の下部分のクールゾーンと呼ばれると頃に落下するので、油を余分に酸化することを防ぎます。

常に適温部分で調理が出来、余分な揚げカスによって油の酸化を早めることがありません。

パイロットバーナーの目詰まりを防止

飲食店で働いているとフライヤーの着火がなかなか点かないという経験がある人も多いのではないでしょうか?

しかし、マルゼンのガスフライヤーではパイロットバーナーのノズルに清掃機構設けてあり、油や汚れによる目詰まりを簡単に掃除することが出来ます。

これにより、火がなかなか点かないというイライラをすることなく仕事を始めることが出来ます。(卓上タイプを除く)

正確な温度と確実な自動点火

サーモスタットにより160〜220度の温度帯で適温を保つことができます。

点火には素早く確実な圧電式点火方法が使用されています。

また、油温が140〜180度の範囲で設定できる低温設定タイプの商品もあります。

まとめ

山菜の天ぷら

いかがでしたでしょうか?

マルゼンの涼厨フライヤーMGFシリーズがなぜ選ばれているのかをご紹介しました。

厨房環境の悪い飲食店というのは日々の疲労感も多いものです。

労働時間も長く、暑い厨房にずっといるのは、体にも心にもよくありません。

もしも、そんな厨房で働いている場合にはなるべく早い改善を提案するべきではないでしょうか?

自社農園を保有して売上アップ!!

\ この記事はどうでしたか? /

おすすめの記事

Vide Pro(ヴィードプロ)のメリット・デメリット 1

「Vide Pro(ヴィードプロ)って何?」 「メリットとデメリットが知りたい!」 「ガストロバックと同じ?」   そんな疑問にお答えします。   本記事ではVide Pro(ヴィードプロ)の正規販売 ...

電気料金 2

「電気代が高いからもっと安くしたい」 「電気代をもっと安く方法ってあるの?」 「忙しいから、手続きが簡単な方法ってないの?」   そんな悩みを解消します。   飲食店を経営する上で必要不可欠な電気代金 ...

3

「飲食店を開業したいけど、どこに厨房設計をお願いすれば良いの?」 「予算はあまりないから大手厨房メーカーには相談できない・・・。」   そんなお悩みを解決します。     本記事では飲食店開業の為の厨 ...

行列 4

 飲食店経営者の皆さん。 集客に苦戦していませんか? 「新規オープンで飲食店を開いたけど、オープン景気以降は客足が伸びない。」 「お店の公式Twitterやインスタも更新しているけど、集客に苦労してい ...

-フライヤー, 厨房機器でお悩み, 熱機器

© 2020 株式会社ナカイヤ Powered by AFFINGER5