真空包装機

業務用真空包装機を中古で購入!メリットは?デメリットは?失敗しない選び方のコツはこちら

食品を扱っている企業において、鮮度や品質を保つことは重要な課題です。

食品の寿命は短いため、なんの対策もしなければ食品のロスや売り切れなどにつながってしまうでしょう。

食品のロスや売り切れを防ぐ為にはに真空包装機を使うのがオススメ。

真空包装機は新品で購入するとかなりの高額になります。

ですので、すぐに購入することが難しい場合があります。

そんな時は中古の真空包装機を購入することも、一つの解決策になります。

ですので、今回は中古の真空包装機のメリットやデメリットについてご紹介していきたいと思います。

中古の真空包装機を購入するメリットとは?

中古の真空包装機を購入するメリットとは?

中古の真空包装機を購入するメリットは大きく2つあります。

2つのメリット

  • 価格が安い
  • 納期が早い

価格が安い

中古厨房機器を扱っている業者は多くあります。

そのような業者で、業務用の真空包装機を購入するメリットとしてまず挙げられるのが、費用を抑えられることでしょう。

中古の場合は新品よりも販売価格が低くなります。

そのため、費用を大幅に抑えつつ食品のロスや鮮度・品質の安定を叶えることができるでしょう。

できるだけ、安い金額で導入したいという人には中古品は人気が高くなっています。

納期が早い

納品が早いのも中古のメリットです。

厨房機器を取り扱っている業者で新品を購入する場合、多くがメーカーからの直送という対応になります。

そのため、納品に310日程度かかることも多いのです。

在庫の関係などでもっと納期が延びることもあるでしょう。

一方、中古の場合にはタイミングさえ合えば早い納品が可能です。

早ければ注文の翌日に納品してもらうことも可能となっています。

故障してしまって、急ぎで代わりの真空包装機が必要だというような緊急性の高い場合には、中古の方がメリットが大きいのです。

思わぬ掘り出し物に出会える確率が高いのも中古の魅力でしょう。

たとえば、製造中止になっているような商品でも中古市場でなら出会える確率があります。

今まで使っていたものを引き続き使いたいけれども、新品ではもう販売していないといった場合には便利です。

また、箱から出しただけの新古品や展示に使われていた商品などが中古品で出ている場合もあります。

これらは未使用なので、きれいな状態ですし故障などのリスクも低くなるでしょう。

安く良い真空包装機を手に入れられる可能性があるのもメリットのひとつです。

>>>初めての業務用真空包装機の選び方|3つのポイントを解説!!

中古の真空包装機を購入するデメリット

中古の真空包装機を購入するデメリットとは?

中古の真空包装機のデメリットは大きく3つあります。

3つのデメリット

  • 故障の頻度
  • メーカー保証なし
  • 在庫なし

故障の頻度

中古の真空包装機を購入するデメリットは、故障の危険性があることです。

長年使われているような中古機器は、どうしても故障してしまうリスクは高まります。

新品よりも不具合などが起こる可能性が高いので、その点については理解しておく必要があるでしょう。

できるだけリスクを下げたいのなであれば、使用年数の浅い機器を探すなどの対策を取る必要があります。

長く使う予定がないのなら中古でもいいでしょうが、長期で使用する予定があるのなら新品の方が安全性は高いのです。

メーカー保証なし

さらに、故障のリスクが高いことに加えてメーカーの保証がないことも中古のデメリットになります。

基本的には最初のオーナーが商品を手放した時点でメーカーの保証が切れることがほとんどです。

そのため、中古の厨房機器を購入する場合には、

保証は基本的にはないものだと理解しておくといいでしょう。

故障した場合には、メーカーや販売店と直接やりとりして修理をする、

もしくは新しく購入することになります。

購入したばかりなのに故障しているというような初期不良の場合には販売店が対応してくれる可能性もあるので、購入前に初期不良の対応について確認しておくと安心です。

使用感があるのもデメリットのひとつです。

中古の真空包装機は使われていた環境や長さにもよりますが、汚れや傷といった使用感が強いものも多いでしょう。

掃除をしても汚れなどが完璧には取れないことも多いので、きれい好きの人や汚れが気になるような潔癖気味の人には、中古品はあまり向いていないと言えるでしょう。

在庫がない

先ほどのメリットのところで納期が早いと逆に思われるかもしれませんが、在庫があれば納期が早いということです。

ですので、中古品の場合には欲しいタイミングで在庫がないと購入することができません。

そのため、メーカーや型番などにこだわりがある場合には注意が必要でしょう。

必ずしもその商品が中古市場にあるとは限らないので、どうしても同じ型番がいいということなら新品を検討することも必要になります。

中古の業務用真空包装機の購入方法とは?

中古

中古の真空包装機を購入する方法としては、中古の厨房機器の取り扱いをしている業者から購入する方法が一般的です。

弊社では中古品の取り扱いはないので、中古の厨房機器であれば、

ヤマチュードットコムやテンポスドットコムなどが大手の中古厨房機器の通販サイトとして有名ですので、確認してみるといいでしょう。

そのほかにも、ヤフオクといったネットオークションを利用する方法もあります。

ヤフオクには、業務用の真空包装機も多く出品されていますのでより安く購入したい場合にはいいでしょう。

ただし、ヤフオクでは個人間のやりとりになるので悪質な出品者かどうかを見極める必要があります。

出品者の情報や評価をしっかりと確認してから利用するようにすると安全です。

中古のメリットとデメリットをしっかり把握して選択しよう!

どうしようと考える女性

このように、中古の真空包装機にはさまざまなメリット・デメリットがあります。

購入費用を抑えられたり、タイミングさえ合えばすぐに納品してもらえたりといったメリットがある一方、故障のリスクや保証がないなどのデメリットがあるのです。

これらをしっかりと把握して、中古品と新品どちらがいいのか比較してみるといいでしょう。

>>>TOSEI業務用真空包装機を選びに迷っている方必見です。

自社農園を保有して売上アップ!!

\ この記事はどうでしたか? /

おすすめの記事

Vide Pro(ヴィードプロ)のメリット・デメリット 1

「Vide Pro(ヴィードプロ)って何?」 「メリットとデメリットが知りたい!」 「ガストロバックと同じ?」   そんな疑問にお答えします。   本記事ではVide Pro(ヴィードプロ)の正規販売 ...

電気料金 2

「電気代が高いからもっと安くしたい」 「電気代をもっと安く方法ってあるの?」 「忙しいから、手続きが簡単な方法ってないの?」   そんな悩みを解消します。   飲食店を経営する上で必要不可欠な電気代金 ...

3

「飲食店を開業したいけど、どこに厨房設計をお願いすれば良いの?」 「予算はあまりないから大手厨房メーカーには相談できない・・・。」   そんなお悩みを解決します。     本記事では飲食店開業の為の厨 ...

行列 4

 飲食店経営者の皆さん。 集客に苦戦していませんか? 「新規オープンで飲食店を開いたけど、オープン景気以降は客足が伸びない。」 「お店の公式Twitterやインスタも更新しているけど、集客に苦労してい ...

-真空包装機

© 2020 株式会社ナカイヤ Powered by AFFINGER5