電気料金

経営でお悩み 飲食店開業でお悩み

電気代が高いと感じてる飲食店様【知らない間に損してますよ】

「電気代が高いからもっと安くしたい」

「電気代をもっと安く方法ってあるの?」

「忙しいから、手続きが簡単な方法ってないの?」

 

そんな悩みを解消します。

 

飲食店を経営する上で必要不可欠な電気代金。

あなたのお店の電気代金は適切な価格でしょうか?

 

もしも、あなたのお店がここでご紹介する方法を導入していないのであれば損している可能性が非常に高いです。

 

1年間の電気代が10%ほど節約出来るかもしれません。

 

5分ほどで最後までお読みいただけます。

 

5分であなたの収入が簡単に増えることになるかもしれません。

 

電気代金高い原因は〇〇

電気代金高い原因は〇〇

あなたのお店では1ヶ月でどれくらいの電気代をお支払いしていますか?

 

その電気代はどこにお支払いしていますか?

 

電気代が高い原因は電気会社にあります。

 

なぜなら、2016年電力が自由化になり様々な企業が電力販売に参入できるようになりました。

 

たくさんの企業が参入することで、価格競争が起き電気代が下げらるようになりました。

 

もしも、2016年以降で電力会社を見直していない場合は損をしている可能性があります。

 

東京電力様・関西電力様等の会社から電気代金の見直しをした事がない方は、確実に下げる事が出来ます。

 

電気料金の仕組み

電気料金の仕組み

電力料金の仕組みについて簡単に解説します。

 

あなたは電気料金の仕組みについてご存知ですか?

よく分からずに契約はしていませんか?

 

実は、よく分かっていないと言う方も多いのではないでしょうか?

僕もその一人でした。

 

自分で事業をやる様になって電気について調べる様になりました。

そして電気料金の仕組みについて少しづつ詳しくなっていきました。

 

電気料金の仕組みはこちらです。

基本料金+電力料金+再生可能エネルギー発電促進賦課金+燃料調整費

 

基本料金と電力量料金については馴染みがあると思います。

 

しかし、再生可能エネルギー発電賦課金?燃料調整金?

 

馴染みがないですね。

簡単に解説します。

 

再生可能エネルギー発電促進賦課金

再生可能エネルギー発電促進賦課金とは再生可能エネルギーの買取に要する費用を全国統一でお客様に負担して頂く料金です。

 

燃料調整費

燃料調整費とは火力燃料の価格変動を電気料金に迅速に反映される為に、エリアごとに毎月自動的に電気料金を調整する制度です。

 

以上の様に4つの要素で電気料金が決定されます。

 

電気代が安くなる2つの理由

電気代が安くなる2つの理由

先ほど挙げた4つの要素から電気代が安くなる2つの要素を解説します。

 

以下の2つを実行する事で電気代を安くする事が出来ます。

  • 基本料金の削減
  • 電力量の削減

 

基本料金の削減

以下にあてあまる方は基本料金の負担が大きくなっている可能性があります。

 

  • 時間や季節により集中して電気を使う
  • 夜間を含め電気を使わない時間帯が多い

 

以上に当てはまる方は基本料金の負担が大きくなっています。

 

基本料金を削減したいと言う方はご連絡ください。

 

電力量の削減

以下に当てあはる場合は電力料金の削減できる可能性があります。

 

  • 昼夜問わずに電気をよく使う
  • 1年を通して使用電力量が変わらない

 

以上にあてあまる方は、基本料金に無駄はありません。

しかし、電気代の総支払額が大きくなっています。

 

そんな場合は、電力量料金を削減する事が出来ます。

 

電気代削減の実績

電気代削減の実績

実際に電気代がどれくらい削減できるのか?

と言うのが気になるところです。

 

削減に成功した例をご紹介します。

  年間の電気使用量 電気料金削減額
製造業 A社様 121,609,066円 14,692,414円
リサイクル業 B社 36,273,717円 4,600,746円
学校法人 C校様 32,000,767円 7,684,066円
販売店 D社様 2,197,347円 263,836円
営業所 E社様 8,230,680円 501,195円

 

多いところでは10%以上の削減に成功しています。

飲食店様ではここまで大きな電力量にはならないかもしれません。

 

しかし、1年間で10%の電気代が節約でき利益が増えると考えたら助かりますね。

その利益でより美味しい料理を作るための食べ歩きや、料理本などの勉強費に充てることも出来ます。

 

電気代でお困りの飲食店様

電気代でお困りの飲食店様

ここまでお読み頂ければ、電力会社を変えるだけで電気代を削減できる事はご理解頂けたと思います。

 

では、どこの電力会社と契約をすれば電気代が削減出来るのか?

 

その答えはこちらです。

シナネン電気

 

なぜなら、シナネン株式会社はエネルギーのプロフェッショナルだからです。

 

シナネン株式会社は電気に関わらず石油やガス、太陽光などのエネルギーを取り扱うプロ中のプロの会社です。

 

弊社は厨房機器の仕入れ販売会社ですので、電力についてはプロではありません。

しかし、この度シナネン株式会社様の電力ソリューション事業部様と協業する事になりました。

 

ですので、光熱費の削減にお困りの飲食店様のお力になれると確信しております。

 

シナネン株式会社概要

シナネン株式会社について簡単にご紹介致します。

 

シナネン株式会社は東京都港区に本社を構える創業92年の総合エネルギーサービス企業です。

 

東証一部に上場しており、約2,000社の法人様とお取引がある伝統と実績のある会社です。

 

シナネン株式会社の3つの特徴

シナネン株式会社の3つの特徴特徴

  • 安定した企業
  • お客様一人一人に合わせたプラン
  • 幅広いエリアで対応

 

安定した企業

シナネン株式会社はとても安定した企業です。

先ほ後もご紹介しましたが、創業92年と言う実績があり、東証一部に上場しています。

 

東京電力が事業を開始したのは1925年で創業95年です。

ほぼ同じくらいの歴史と実績があります。

 

ですので、安心して契約できます。

 

お客様一人一人に合わせたプラン

お客様の用途に合わせて、排出係数別にメニューの選択が可能です。

 

幅広いエリアで対応

一部エリアでは供給外となりますが、日本全国に拠点を持っているのでお店の移転や店舗展開などにもスムーズに対応可能です。

 

北海道・四国・沖縄及び離島は供給エリア外となっています。

 

手続きの流れ

手順

シナネン電気様との契約の流れは以下の3手順になります。

  • ご提案&お申し込み
  • お知らせ書面ご確認
  • シナネン電気供給開始

 

以上の3手順で電気代が削減できます。

ただし、ご注意ください。

 

シナネン電気様と直接の契約になるのだから、直接連絡した安いのでは?

と思われる方もいるかもしれません。

 

電気料金に違いはありませんが、直接ご連絡されると手数料がかかります。

弊社は正式に協業していますので、弊社からのご紹介と言う形であれば無料で契約出来ます。

 

弊社をご利用してお申し込み頂ければ、リスク無く電気代の削減が可能になります。

ご契約頂いて、もしも電気代が削減に効果が無いようであればまた元の電気会社に戻して頂いても構いません。

 

どれくらいの電気料金が安くなるのか気になると言う方は以下のQRコードからご確認ください。

(電気料金がどれくらい削減出来るのか分かるシナネン様のページへ移動します。)

 

こちらのページから現在の契約内容や、毎月の電気の使用量を入力して頂くだけで1年間でどれくらいの電気料金が削減出来るのかのシミュレーションができます。

 

気に入って頂ければ改めて契約書の方をお送りしますので、ご連絡ください。

シミュレーションページから勝手に登録されると言うことはありませんので、安心してお使いください。

 

ここが気になる

ここが気になる

とはいえ、まだ不安があると言う方も多いでしょう。

ここではよくある質問をご紹介します。

 

Q1:切り替えに伴い、工事や費用はかかりますか?

☞A:切り替えに伴うお客様の費用負担はございません。

工事が必要な場合でも工事費用や調査費用は電力会社が負担致します。

 

Q2:切り替える事で、停電などのトラブルが増える事がありますか?

☞A:既存の送電網を利用するので、電気の質や安定性に変わりはありません。

停電のリスクは今までと変わりません。

 

Q3:シナネンの発電所が故障したら、電気の供給に影響がありますか?

☞A:発電所が故障した場合でも、最終的には一般配電事業者から電気供給が行われるのでお客様にご迷惑をおかする事はありません。

 

Q4:停電した場合はどこに連絡すれば良いの?

☞A:停電時には一般配電事業者でなければ原因が分からない事も多いので、原因が特定できない場合は一般配電事業者に直接お問い合わせ頂く事をオススメします。

 

  • 東京電力エリア:0120-995-007
  • 東北電力エリア:0120-175-366
  • 中部電力エリア:0120-985-232
  • 関西電力エリア:0800-777-3081

 

電気料金の削減についてはこちらからお問い合わせください。

電気料金を削減する

 

PS:ご家庭の電気料金を削減して貯金を増やしたい方はこちら

>>>お客様のご希望に合った電気料金削減プランを無料でご提案!【電気チョイス】

自社農園を保有して売上アップ!!

\ この記事はどうでしたか? /

おすすめの記事

Vide Pro(ヴィードプロ)のメリット・デメリット 1

「Vide Pro(ヴィードプロ)って何?」 「メリットとデメリットが知りたい!」 「ガストロバックと同じ?」   そんな疑問にお答えします。   本記事ではVide Pro(ヴィードプロ)の正規販売 ...

電気料金 2

「電気代が高いからもっと安くしたい」 「電気代をもっと安く方法ってあるの?」 「忙しいから、手続きが簡単な方法ってないの?」   そんな悩みを解消します。   飲食店を経営する上で必要不可欠な電気代金 ...

3

「飲食店を開業したいけど、どこに厨房設計をお願いすれば良いの?」 「予算はあまりないから大手厨房メーカーには相談できない・・・。」   そんなお悩みを解決します。     本記事では飲食店開業の為の厨 ...

行列 4

 飲食店経営者の皆さん。 集客に苦戦していませんか? 「新規オープンで飲食店を開いたけど、オープン景気以降は客足が伸びない。」 「お店の公式Twitterやインスタも更新しているけど、集客に苦労してい ...

-経営でお悩み, 飲食店開業でお悩み

© 2020 株式会社ナカイヤ Powered by AFFINGER5