真空包装機

おすすめの家庭用真空調理器はこの2つだけ!|失敗しない選び方のポイントとは?

美味しそうなお肉を買っても、フライパンで調理するとどうしても硬くなってしまう、といった悩みを持ってる人に人気なのが低温調理です。

料理好きの人に限らず、主婦や趣味で料理をしている人にも人気があるの低温調理です。

 

焼く・蒸す・煮る以外の、第4の調理法とも呼ばれる真空低温調理には多くの魅力があって注目されています。

何となく低い温度で調理するという事はわかりますが、どういった魅力が隠されているのでしょうか。

 

低温真空調理の魅力とは?

低温真空調理の魅力とは?

真空低温調理は加熱する際に、火で直接加熱するのではなく60℃の水を使います。

直火で調理しないので「焼く・煮る」とは区別され、沸騰したお湯を使用する「蒸す」とも異なるために第4の調理法と呼ばれているのです。

 

真空調理器では、美味しく調理できる点や手間がかからない点を魅力にあげる人がいますが、他の調理法でも美味しく手間をかけずに料理することは可能なので、別の視点から見ていきましょう。

 

真空低温調理は、栄養素を逃さないという点にとても優れています。

この調理法では約60℃の水を使用しますが、食材を直に水に浸けるわけではありません。

 

食材を密封袋に入れて、60℃の水を入れた鍋に浸したままじっくり調理するのです。

つまり出汁や水の中に旨味成分や栄養素が流れ出ないというわけです。

 

また高温で加熱せず低温でじっくり加熱していくことは、熱に弱い栄養素が壊れにくいというメリットもあります。

真空低温で調理されたお肉を食べた多くの人が、やわらかいと感動します。

 

ステーキ

これはお肉に含まれるタンパク質が関係しているのです。

お肉にはミオシン・アクチン・コラーゲンという3つのタンパク質が含まれています。

 

まずミオシンは50℃以上で変成し、弾力が出て噛みやすくなります。

次にアクチンは66℃以上で変成し、水分が抜けてパサパサと硬くなるのです。

 

最後にコラーゲンは68℃以上でトロトロにゼラチン化しますが、6066℃という低温で長時間調理してもゼラチン化させることが出来ます。

真空調理器で低温調理をすると、お肉が硬くならずに柔らかくなるのは、こうしたタンパク質の変成を上手く利用しているからです。

 

極論を言えば、10時間以上温度管理をしっかりして調理すれば、誰でも低温調理をすることは出来ます。

しかし、現実的には長時間鍋につきっきりでいることは難しい話です。

 

そこで登場したのが真空調理器となります。

長時間調理をするリスクとして考えられることは、食中毒の心配ではないでしょうか。

 

食中毒の原因となる菌は、ある程度の高温で加熱すれば死滅しますが、低温調理の場合は適切な管理が求められるのです。

一般的には75℃1分間加熱すれば細菌は死滅すると言われていますが、それではお肉が硬くなってしまいます。

 

ところが65℃という低温であっても、長時間加熱すれば細菌を死滅させることは出来るのです。

ただし低温調理の効果を正しく実践するためには、お肉の内部にまでじっくり65℃を浸透させなければなりません。

 

かなりの長い時間適切な温度管理をすることが出来れば、魅力的な調理法となるのです。

 

おすすめの家庭用真空調理器はこの2つだけ!

真空パックソーセージ

真空調理器自体はすでに1970年代には世の中に出ていました。

実際に高級ホテルにあるレストランや一部のフレンチレストランでは、業務用真空調理器が導入されて料理も提供されています。

 

自家製のローストビーフなどはこうした真空調理器によって作られていたのです。

しかし長い間世の中に広まることがなかったのには理由があります。

 

業務用真空調理器の導入には、初期費用だけで数十万かかるからです。

そのようななか、5万円以下でも手に入る家庭用真空調理器が登場し、家庭や小さな厨房でも低温調理が出来るようになったのです。

 

少人数の家庭であれば1万円前後、大家族や小さなカフェであれば35万円程度で家庭用真空調理器は購入することが出来ます。

 

一般家庭用であれば800W程度の機種、一度にたくさんの量を調理したいのであれば1000W以上のハイパワー機種を選ぶことがポイントです。

対応する水量も重要なポイントとなります。

 

お肉の大きな塊を調理するには大きな鍋が必要で、20Lほどの水量まで対応できる機種を選ぶようにしましょう。

 

BONIQボニーク

家庭用真空調理器は、日本製が少ないという問題もあります。

そのためコンセントの変換アダプターが必要であったり、説明書が日本語で書かれていないためわかりにくかったりするという声も多く聞かれます。

 

そのなかでも「BONIQボニーク」の家庭用真空調理器は、日本製なので説明書も分かりやすく安心して利用できます。

800wという低めの消費電力ですが家庭用なら問題はなく、本体も軽くて女性でも使いやすいと評判です。

STYLUX GLUDIA

STYLUX GLUDIA1200Wというハイパワーと、20Lまでという対応水量が魅力の家庭用真空調理器です。

 

大きめの食材も調理できるので、大人数のパーティーの時に活躍したり、こじんまりとしたカフェであれば活用させたりすることも可能でしょう。

 

家庭で真空低温調理を楽しみたい、高価な業務用が欲しいけれど予算が厳しいという人は、続々と登場している家庭用真空調理器を試してみる価値はあるのではないでしょうか。

 

おすすめの家庭用真空調理器はこの2つだけ!のまとめ

おすすめの家庭用真空調理器はこの2つだけ!のまとめ

家庭用の真空調理について解説しました。

 

今回は2つのご紹介でしたが、徐々に家庭用の真空調理きも種類が増え価格も安くなっています。

悩んだ時はこちらの2つから選んで頂ければ幸いです。

 

自社農園を保有して売上アップ!!

\ この記事はどうでしたか? /

おすすめの記事

Vide Pro(ヴィードプロ)のメリット・デメリット 1

「Vide Pro(ヴィードプロ)って何?」 「メリットとデメリットが知りたい!」 「ガストロバックと同じ?」   そんな疑問にお答えします。   本記事ではVide Pro(ヴィードプロ)の正規販売 ...

電気料金 2

「電気代が高いからもっと安くしたい」 「電気代をもっと安く方法ってあるの?」 「忙しいから、手続きが簡単な方法ってないの?」   そんな悩みを解消します。   飲食店を経営する上で必要不可欠な電気代金 ...

3

「飲食店を開業したいけど、どこに厨房設計をお願いすれば良いの?」 「予算はあまりないから大手厨房メーカーには相談できない・・・。」   そんなお悩みを解決します。     本記事では飲食店開業の為の厨 ...

行列 4

 飲食店経営者の皆さん。 集客に苦戦していませんか? 「新規オープンで飲食店を開いたけど、オープン景気以降は客足が伸びない。」 「お店の公式Twitterやインスタも更新しているけど、集客に苦労してい ...

-真空包装機

© 2020 株式会社ナカイヤ Powered by AFFINGER5