マルゼン電気天ぷらフライヤー

フライヤー

マルゼン電気天ぷらフライヤーのオススメの2つの特徴とは?

少ない労力で最大限の利益を出したいと思ったことはありませんか?

飲食店を経営する上で、もっとも大事なことはなんだと思いますか?

  • 美味しいものを作ること?
  • お客様に喜んでもらうこと?
  • 自分が楽しく料理ができること?

もちろんどれも大事ですが、一番大事なのはお金を儲けることです。

お金を設けなければ、お店を続けることができないからです。

しかもできる限り、少ない労力で最大限の利益を出すことが経営者の仕事です。

もし、すでに飲食店を経営している方の場合は今現状でなんとか黒字になっているけど、大きくオペレーションを変更するのは不安。

だけど、利益はもう少し出したいと思うこともあると思います。

そんな時、今までのオペレーションと変わることなくランニングコストを下げることが出来たら、嬉しいと思いませんか?

その下がったランニングコストでさらに美味しい料理を作ることもできるし、勉強の為に食べ歩くことも出来ます。

そんな事本当にあるのか信じられないかもしれませんが、マルゼンの電気天ぷらフライヤーを使う事でランニングコストを大幅に削減する事ができるのです。

ですので、今回はそんなマルゼンの電気天ぷらフライヤーについてご紹介したいと思います。

マルゼン電気天ぷらフライヤーの2つの特徴

居酒屋の暖簾

天ぷら調理に適した無駄のない油槽構造で、油の量や消費電飾を大幅に節約することができました。

一体どれくらいのコストの削減に成功したのでしょうか?

飲食店を経営する方にとってはコストの削減は直接自分の給料に反映されます。

ですので、コストが下げれば下がるほど嬉しいと思いませんか?

油量を33%削減

揚げカスが沈殿しにくい天ぷら調理においては、従来の油槽の底の部分に設けていた揚げカスを溜めるスペースとなるクールゾーンと呼ばれる場所が不要となります。

なので、同等の油槽面積を持つデリカ向け電気フライヤーに比べ、油量を33%も削減することができます。

3割以上の油代を節約することができるので、利益がどんどん増えていきます。

消費電力も約30%OFF

油量が33%削減されることによって全体の油量が減り、それに伴い油を加熱するヒーターも出力を抑えることができるので、同じ油槽面積を持つデリカ用電気フライヤーと比べ、ヒーター出力を約30%OFFすることができました。

油代だけでなく光熱費というランニングコストも大幅にダウンさせることができます。

マルゼン電気天ぷらフライヤーのその他の機能

キスの天ぷらとそば

もっとも特徴的なものは先に紹介した2つですが、マルゼンの電気天ぷらフライヤーには他にもオススメできる特徴がいくつかあるので、ご紹介したいと思います。

赤外線で美味しく仕上がる

ヒーターの放射する遠赤外線が、油の局部加熱を防ぎながら満遍なく加熱することができます。

満遍なく加熱することで、油の酸化をや劣化を防ぐことができ、食材の持ち味を生かした調理をすることができます。

固形油を使えるメルト機能

ラードの様な動物性の固形の油などを徐々に融解するメルト機能を搭載する子ことによって、より便利に油を溶かすことができます。

エコモードで油の酸化を抑える

ECOスイッチを押すと、油の温度を設定温度より低く維持するエコモードに切り替わり、油の酸化を抑えることができます。

また、エコモードは調理をしない時間が一定時間経過すると自動的にエコモードに切り替わる様に設定することができます。

これにより従来の製品より省エネを実現しました。

フラットな油槽で清掃性が高い

ヒーターをスイングアップすることで、油の交換や油槽の掃除が簡単になりました。

油槽内はフルフラットで突起物がないので楽々掃除をすることができます。

ヒーターもシンプルな形状で清掃性が高いので、毎日の掃除が苦になりません。

折りたたみ式の蓋は本体下に収納

フライヤーの蓋は、フライヤーを使ってない時は必ず必要ですが、フライヤーを使う営業中破必要ありませんよね?そんな時フライヤーの蓋は邪魔になりがちです。

しかし、折りたたんで本体の下部分に収納できたらフライヤーの蓋置きば問題に終止符を打つことができますね。

それができるのが、このマルゼンの電気式天ぷらフライヤーです。

マルゼン電気天ぷらフライヤーのオススメの2つの特徴のまとめ

マルゼン電気天ぷらフライヤーのオススメの2つの特徴のまとめ

いかがでしたでしょうか?

マルゼン電気天ぷらフライヤーについてご紹介しました。油代も大きく節約することが出来て、それに伴い消費電力も削減することができるなんて素晴らしいですね。

フライヤーを変えることで、油代と電気代の二つを節約できると考えると、本体代金はすぐに回収出来そうですね。

本体代金さえ回収してしまえば、あとはずっと利益になり続けますからね。

油が少ないからといって、揚げ上がりが今ひとつと言うこともありません。

遠赤外線で油の温度をムラなく温めることができるので、食材にも揚げムラが出来たりしません。

また、電気式なのですぐに温度の上昇が可能なので、連続した天ぷら調理にも向いています。

自社農園を保有して売上アップ!!

\ この記事はどうでしたか? /

おすすめの記事

Vide Pro(ヴィードプロ)のメリット・デメリット 1

「Vide Pro(ヴィードプロ)って何?」 「メリットとデメリットが知りたい!」 「ガストロバックと同じ?」   そんな疑問にお答えします。   本記事ではVide Pro(ヴィードプロ)の正規販売 ...

電気料金 2

「電気代が高いからもっと安くしたい」 「電気代をもっと安く方法ってあるの?」 「忙しいから、手続きが簡単な方法ってないの?」   そんな悩みを解消します。   飲食店を経営する上で必要不可欠な電気代金 ...

3

「飲食店を開業したいけど、どこに厨房設計をお願いすれば良いの?」 「予算はあまりないから大手厨房メーカーには相談できない・・・。」   そんなお悩みを解決します。     本記事では飲食店開業の為の厨 ...

行列 4

 飲食店経営者の皆さん。 集客に苦戦していませんか? 「新規オープンで飲食店を開いたけど、オープン景気以降は客足が伸びない。」 「お店の公式Twitterやインスタも更新しているけど、集客に苦労してい ...

-フライヤー

© 2020 株式会社ナカイヤ Powered by AFFINGER5