スムージー

ジューサー・ミキサー

食洗機対応のスロージューサーのオススメ5選|食洗機対応のメリットは?デメリットは?

食洗機対応のスロージューサーを探しているけど、どれを選べば良いかわからないという方も多いのではないでしょうか?

ご家庭に食洗機があるなら絶対に食洗機対応のスロージューサーを買うべきです。

というのも、機種にもよりますが、食洗機に対応しているスロージューサーも、食洗機に対応していないスロージューサーも価格にそこまでの格差がないからです。

 

この価格が倍以上違うというのであれば考慮する価値もありますが、そこまでの価格の格差がないです。

 

食洗機をお持ちのかたや、もしくは食洗機を購入する予定があるという方は食洗機対応のスロージューサーを購入するべきでしょう。

 

食洗機対応のスロージューサーが選ばれる4つの理由とは?

食洗機対応のスロージューサーが選ばれる4つの理由とは?

スロージューサーを選ぶ上でなぜ食洗機対応のスロージューサーが良いのでしょうか?

逆に食洗機を使えないスロージューサーがどんなデメリットがあるのでしょうか?

 

食洗機が使えるスロージューサーが選ばれるのは次の4つの理由です。

4つの理由

  • 高温で洗うので、衛生的
  • 細かいものを洗うのに向いている
  • 手荒れ防止
  • 拭く手間がない

 

高温で洗うので衛生的

食洗機を使って洗浄することで、手洗いするよりも除菌・消臭効果が高いです。

というのも食洗機というのは高温のお湯で一気に洗浄して一気に乾燥させるからです。

 

細かいものを洗うのに向いている

細かいものを洗うのに向いている

スロージューサーを使うときはまず、スロージューサーを準備します。

野菜を投入口に入るようにカットして準備します。

 

スロージューサーを起動させ、野菜を投入して搾汁します。

ジュースキャップを開けて、搾汁したスースをコップに移します。

 

その後、搾りカスとドラムセットを洗浄します。

ストレーナーは専用のブラシで擦り、スポンジで汚れを落とします。

 

搾りカスはゴミ箱に入れて、搾りカス容器もスポンジでしっかりと洗浄します。

洗浄したドラムや搾りカス容器は水気をきりしっかり乾燥させます。

 

食洗機に対応していないスロージューサーの場合はこのように、毎回手洗いをして乾燥させるという手間と時間がかかってしまいます。

 

もしも、食洗機対応のスロージューサーだった場合、ストレーナーは専用のブラシで軽く擦り、食洗機に入れドラムや搾りカス容器は軽く水洗いして、食洗機に入れます。

 

あとは食洗機のボタンを押して待っているだけで、洗浄が完了します。

 

手荒れ防止

食洗機対応のスロージューサーを使うことで手荒れの防止にもなります。

 

食洗機対応でないスロージューサーを使うと毎日ジュースを作っていたら、毎日手洗いしないといけません。

 

そうなると、お湯を使うことが多い冬場は手の潤いもどんどんと流れ落ちてしまうため手荒れがひどくなってしまいます。

それを食洗機を使うことで、冬場の手荒れを防止する効果もあります。

 

拭く手間がない

先ほどもご紹介しましたが、食洗機を使用しての洗浄は高温で洗浄して速乾してくれます。

ですので、手洗いのときは拭く作業というのが必要でしたが、食洗機を使うとこの拭く作業というのも省くことができます。

 

でうので、小さいお子さんがいる方や仕事が忙しい方は食洗機対応のスロージューサーがオススメです。

 

食洗機対応でないスロージューサーとは?

食洗機対応でないスロージューサーとは?

食洗機の使えないスロージューサーとはどんなものなのか?

これは食洗機の特徴によるものです。

 

多くの食洗機というのは高音のお湯で洗浄して一気に乾燥させることで、手洗いよりも除菌・消臭する効果が上がります。

 

つまりは、食洗機が使えないスロージューサーというのはこの高温での洗浄に耐えられない素材で作られているということになります。

 

スロージューサーは加熱する調理機器ではないので、高温に耐えられる素材で作られる必要はないのですが、洗浄する手間や除菌・消臭効果を考えるなら、食洗機での洗浄をオススメします。

 

ですので、食洗機対応のスロージューサーを購入した方が良いのではないでしょうか?

 

オススメの食洗機対応のスロージューサー3選

オススメの食洗機対応のスロージューサー3選

ここまで読んでいただいた方は食洗機対応のスロージューサーがいかに便利であるかがわかっていただけたのではないでしょうか?

ではそんな食洗機対応のスロージューサーにはどんなものがあるのでしょうか?オススメの3つをご紹介します。

 

ヒューロムスロージューサーH-AA

ヒューロムの「H-AA」は「H2H]から様々な点が改善されています。

大きな変更点としては「ドラム内の構造が変化したことです」ドラム内パーツである回転ブラシの回転数を17回転/分にまで落とし、よりゆっくりとなったことで、さらに上質なジュースを作ることが可能になりました。

 

また、ドラムの形状も変化。

繊維排出口の上部が開いたことにより、今までやり辛いと感じていた洗浄がより簡単に、より清潔に保てるようになりました。

 

ヒューロムスロージューサーアドバンスド100

ヒューロムadvanced100スクリューと2種の樹脂製フィルターで食材を搾汁する「分離搾汁方式」を採用した2018年モデルのスロージューサーです。

 

2019年モデル!ヒューロムスロージューサーH2Y

hurom_h2y_pic_人参ジュースを絞る

使いやすさを追求したヒューロムの最新機種H2Y。約4.6kgの軽量ボディ設計で持ち運びも便利になりました。

 

一人暮らしの方でもスペースを取らないので、収納が可能です。

コンパクトとモデルながら、ダブルスクリューとアルファドラムを搭載していて450mlのスロージュースが搾汁可能です。

 

専用ストレーナーを使えば、凍らせた果実を搾ったフローズンデザートも楽しめます。

もちろん、食洗機も対応しているので、スロージューサーの初心者にはうってつけの機種です。

 

シャープスロージューサーEJ-CF10A

洗うパーツはコンパクトで数も少ないので、お手入れの時間が短縮できます。

また、メッシュ部分おフィルターは取り外すことができ、網目に詰まった果肉なども簡単にお手入れできます。

もちろん食洗機に対応しているの洗浄の手間はかかりません。

 

シャープスロージューサーEJ-GP1

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥9,800 (2020/07/03 04:11:15時点 Amazon調べ-詳細)

フローズン用アタッチメントに付け替えれば、フローズンが作れます。

果物や野菜を使ったり、ヨーグルトを加えたり、色々な味が楽しめます。

 

食洗機対応のスロージューサーのオススメ5選のまとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

食洗機対応のスロージューサーのオススメ5選をご紹介しました。

冒頭でもお伝えしましたが、食洗機対応のスロージューサーと食洗機に対応していなスロージューサーは価格での格差がありません

 

本記事で紹介したメリットを考えると、食洗機をお持ちの方は対応しているスロージューサーを購入するのが、もっともお得な買い物ではないでしょうか?

>>>ヒューロムVSクビンスを徹底比較|初めてスロージューサー購入するならどっち?

自社農園を保有して売上アップ!!

\ この記事はどうでしたか? /

おすすめの記事

Vide Pro(ヴィードプロ)のメリット・デメリット 1

「Vide Pro(ヴィードプロ)って何?」 「メリットとデメリットが知りたい!」 「ガストロバックと同じ?」   そんな疑問にお答えします。   本記事ではVide Pro(ヴィードプロ)の正規販売 ...

電気料金 2

「電気代が高いからもっと安くしたい」 「電気代をもっと安く方法ってあるの?」 「忙しいから、手続きが簡単な方法ってないの?」   そんな悩みを解消します。   飲食店を経営する上で必要不可欠な電気代金 ...

3

「飲食店を開業したいけど、どこに厨房設計をお願いすれば良いの?」 「予算はあまりないから大手厨房メーカーには相談できない・・・。」   そんなお悩みを解決します。     本記事では飲食店開業の為の厨 ...

行列 4

 飲食店経営者の皆さん。 集客に苦戦していませんか? 「新規オープンで飲食店を開いたけど、オープン景気以降は客足が伸びない。」 「お店の公式Twitterやインスタも更新しているけど、集客に苦労してい ...

-ジューサー・ミキサー

© 2020 株式会社ナカイヤ Powered by AFFINGER5