クビンスのスロー(低速)ジューサー3つのモデルを比較

ジューサー・ミキサー

クビンスのスロー(低速)ジューサー3つのモデルを比較|あなたにあった機種は??

「クビンスのスロージューサーはどんな種類があるの?」

 

「どんな違いがあるの?」

 

そんなお悩みを解決します。

 

クビンスのスロー(低速)ジューサーはとても高価な物なので、購入するときに絶対に失敗したくないですね!

 

そこで今回は、クビンスのスロー(低速)ジューサーの3つのモデルの違いについて解説します。

 

購入した後に後悔しないように3つのモデルを比較してじっくりと選んでみてください。

 

スロージューサーの失敗しない選び方については下記の記事でまとめています。

スロー(低速)ジューサーの選び方|失敗しない為の7つのチェックポイント
スロー(低速)ジューサーの選び方|失敗しない為の7つのチェックポイント

続きを見る

 

 

本記事の内容

  • クビンスのスロー(低速)ジューサー3つのモデル
  • クビンスのスロージューサー3モデルを比較

 

クビンスのスロー(低速)ジューサー3つのモデル

クビンスのスロージューサー3つのモデル

2021年現在、クビンスのスロー(低速)ジューサーには3つのモデルがあります。

 

ここでは、3つのモデルの概要についてご紹介します。

 

クビンスのスロー(低速)ジューサーで購入検討しているあなたは3つのモデルの違いを確認してみてください。

 

3つの違いを確認する事で、あなたのライフスタイルに最も適したスロージューサーを選ぶことが出来ます。

 

  • スロージューサーpro
  • JSG-120,JSG-150
  • EVO-800

 

スロージューサーpro

まずは、2016年に発売されたクビンスのホールスロージューサーpro

 

名前の通りプロ向け、つまり飲食店向けのモデルになります。

 

石臼式のスクリュー圧搾方式は変わらずに、大きな特徴があります。

 

投入口の大きさとハイパワーモーターで24時間の圧搾が可能無事です。

 

投入口が大きい事により、食材を小さくカットする手間を省く事ができジュースを作る時間を短縮する事ができます。

 

また、ハイパワーモターを使用することで1時間でりんごを300個絞れるほどのパワーがあります。

 

家庭で使うには必要ないかもしれませんが、レストランやカフェ、ジューススタンドで使うならこのモデルでないと効率が悪いです。

 

商品名 クビンスホールジューサーpro
カラー ダークシルバー
型番 CS520SM
セット内容 本体、ドラムセット、押し込み棒、回転洗浄ブラシ、洗浄ブラシ、排出口洗浄ブラシ、繊維質カップ、ジュースカップ、レシピブック、取扱説明書、保証書
本体サイズ (幅)260mmx(奥行き)183mmx(高さ)515mm
年式 2016年
総重量 9.1kg
価格 90,800円(税別)

 

ホールスロージューサーproの口コミは下記の記事でご紹介しています。

クビンスホールスロージューサーproの口コミや評判
クビンスホールスロー(低速)ジューサーproの口コミや評判

続きを見る

 

 

JSG-120,JSG-150

2014年に発売されたクビンスのスロー(低速)ジューサーです。

 

カラーはシルバーとホワイトの2色になっています。

 

利便性で言うと最新のEV-800の方が使いやすいです!

 

投入口の大きさとスクリューの長さの改善でコスパが良いのはEV-800です。

 

ただし、奥行きと高さをEV-800と比較するとJSGの方がコンパクトです。

 

置き場所の問題でJSGシリーズを選んでも失敗したとは感じないでしょう。

 

食材を絞るメカニズムは石臼式のスクリューで圧搾するのは変わりありません。

 

ですので、出来上がったジュースの品質が落ちると言う事はありませんので安心してください。

 

商品名 クビンスサイレントジューサー
カラー シルバー、ホワイト
型番 シルバー:JSG-120 ホワイトJSG-150
セット内容 本体、容器ふた、押し込み棒、本体、スクリュー、ストレーナー、ドラム、ジュースカップ、フローズンデザートメーカー、スムージーメーカー,繊維質容器、洗浄用ブラシ
本体サイズ (幅)244mmx(奥行き)191mmx(高さ)413mm
コードの長さ 1.6m
年式 2014年
総重量 6.5kg
価格 34,095円(税別)

 

EVO-800

2020年に発売されたクビンスのスロー(低速)ジューサーの最新モデルです。

 

前のモデルとの大きな違いはスクリューの長さが長くなった事で、より多くのコールドプレスジュースを絞れるようになりました。

 

商品名 クビンスホールスロージューサー 低温圧搾式
カラー レッド、ホワイト
型番 EVO-800
セット内容 本体、ドラム、ドラム蓋、押し棒、スマートキャップ、ジュースカップ、繊維質受け、スクリュー、ストレーナー、回転ワイパー、回転ブラシ、洗浄用ブラシ、出口洗浄用ブラシ、フローズンデザート用ストレーナー、取り扱い説明書、クビンス公式ジュースレシピ、搾りカス活用料理レシピ
本体サイズ (幅)229mmx(奥行き)210mmx(高さ)460mm
コードの長さ 1.3m
年式 2020年
総重量 6.8kg
価格 39,800円(税別)

 

クビンスEV-800については下記の記事で詳しくご紹介してますので、参考にしてみて下さい!

 

クビンス
クビンスホールスロー(低速)ジューサーEVO-800は1日11円|無償修理保証がなんと〇〇年!!

続きを見る

 

クビンスホールスロージューサーEVO-800の口コミや評判のまとめ

続きを見る

 

 

クビンスのスロージューサー3モデルを比較

クビンスのスロージューサー3モデルを比較

 

まず飲食店で使うなら選択肢は1つ。

 

ホールスロージューサーproです。

 

初めは少ししか使う予定がなかったとしても、proを買っておくと後悔しないでしょう。

 

飲食店で使うとなると必ずたくさん絞る時が来るので、その時にイライラしない為にもハイパワーモーターのホールスロージューサーproを購入しておきましょう。

 

八百屋さんからお中元で野菜をたくさんもらったり、スタッフの実家からたくさんの野菜や果物が送られて来た時などジュースにしておけば冷凍して保存もできます。

 

また、形の悪い野菜などを安く購入してコールドプレスジュースでペアリングと言うのも面白いかもしれません。

 

ですので、飲食店で使うならホールスロージューサーproの1択です。

 

 

では、家庭で使う場合はEVO-800JSGシリーズのどちらを購入すれば良いのでしょうか?

 

結論から言うとEVO-800がおすすめです!

 

と言うのも最新式のEVO-800の大きな2つの改良点は投入口が大きくなったこと、スクリューが長くなったことです。

 

投入口が大きくなったことで食材を小さくカットする手間が省けますし、スクリューが長くなったことでより多くのジュースを絞り出すことが可能になりました。

 

そして、どちらのモデルにも10年間の無償修理保証がつきます。

 

そして価格差は5,000円です。

 

5,000円と言うのは決して安い金額ではないですが、10年間スロージューサーを使った時に食材のカットする手間と絞り出されるジュースの量を考えればEVO-800の方が圧倒的にコスパが良いと言えるのではないでしょうか?

 

 

ジュースを絞った搾りかすを使ったレシピブックもついていますので、食材を無駄にする事がありません。

 

クビンスのスロー(低速)ジューサー3モデルを比較のまとめ

クビンスのスロージューサー3モデルを比較まとめ

 

クビンスのスロー(低速)ジューサーー3モデルを比較してみました。

 

あなたの希望にあったモデルは見つかりましたか?

 

家庭で使うならEVO-800

飲食店で使うならホールスロージューサーpro

 

がおすすめです。

 

この考えで購入すれば、「失敗した・・・」と感じる事はないでしょう!

 

「でも、ヒューロムのスロージューサーも気になっている」

 

と言う方もいるかもしれません。

 

そんな貴方のためにクビンスとヒューロムを比較した記事もありますので、合わせてお読みください!!

ベリーベリースムージー
ヒューロムVSクビンスを徹底比較|初めてスロー(低速)ジューサー購入するならどっち?

続きを見る

\ この記事はどうでしたか? /

-ジューサー・ミキサー